リースバックのメリットを理解しよう

リースバックのメリットとしては、新居探しが不要、引っ越し不要、コストの軽減などが存在しています。この中でも新居探しや引っ越しが不要な点は、リースバックのメリットとして大きなものでしょう。通常の方法で不動産会社を通して自宅を売却した場合、新たな所有者に家を明け渡す必要があります。新居探しや引越しの準備、各種手続きなどの負担が発生し、日々の仕事や家事の合間に済ませなければいけません。

高齢の方や子育て中の方にとって、引越しの手間と負担は見逃せないものになるでしょう。引越しが不要となるのがリースバックのメリットです。また、リースバックのメリットに挙げられるのがコストの軽減です。住宅は財産であり資産です。

家を所有している限り、固定資産税などが発生します。新築したばかりの頃はぴかぴかだった住宅も、年月を重ねるにつれて不具合が発生します。所有者は随時修繕を行う必要があり、メンテナンスの費用を支払うことになるでしょう。しかし売却により不動産会社が所有者になれば、固定資産税やメンテナンス費用を支払う必要はありません。

賃貸契約中はあくまで賃借人であり、メンテナンスなどの責任は新たな所有者となった不動産会社となります。リースバックのメリットはどれも大きく、使い方次第で便利なものばかりです。自宅の売却は大きな決断になりますが、しっかりと内容を把握し、契約する不動産会社を選べば便利に利用することができるようになっています。